過去・現在・未来の占い方

過去・現在・未来の占い方

過去・現在・未来の占い方

 

時間の流れで悩みを読み解きましょう。。

 

このスプレッドは、―つの問題に対して過去から未来への時間の流れで読むことに特徴があります。

 

その悩みがどのような影響を過去から受けて現在に至ったのか、そして未来はどうなるかを読み取ることができますので、質問の設定としてはより具体的な事柄の方がわかりやすいはずです。

 

時間経過だけでなく、サプライズとして、思いがけない出来事も読み取りますが、これは、多くの人は過去よりも現在や未来に重きを置いていますので、未来の補足としてということです。

 

 

★使用カードジョーカーを除いた52枚

 

 

ステップ1

 

トランプ占いの基本(カットの仕方)」の手順を踏んで、カードを一つの山にしてください。

 

 

ステップ2

 

まず山の一番上のカードを「サプライズ」の位置に置きます。カードは裏のまま置いてください。

 

 

ステップ3

 

続けて、残った手札の上から10枚目と11枚目を「過去」の位置に置きます。

 

 

ステップ4

 

残った手札からさらに10枚目と11枚目を「現在」の位置に置きます。

 

 

ステップ5

 

残った手札からさらに10枚目と11枚目を「未来」の位置に置きます。

 

 

ステップ6

 

残った手札の一番の上のカードを「サプライズ」の位置に置きます。

 

 

ステップ7

 

カードを「過去」⇒「現在」⇒「未来」⇒「サプライズ」の順番にカードの左側からめくります。

 

 

 

占いの例

 

 

過去・現在・未来の占いの例を挙げておきます。これを参考にして読み取ってみてください。

 

 

ケース1

 

転職をしようと考えていて、既に1社から内定をもらっていますが、決断できません。

 

給料は今よりも上がるのですが、同じ営業職とはいえ、未経験の業種だけに自分がその仕事をこなせるか不安で載どうしたらよいでしょうか?

 

 

転職といjのはたんに仕事が変わるというだけでなく、それに伴って環境や人間関係なども大きく変わる、人生におけるターニングポイントのーつといえます。それだけに自分の進むべき道を決めることができずに悩む人が多いのでしょう。

 

このスプじツドでは過去から未来へと順番に読み解くのが基本ですので、まずは「過去」を見ます。ダイヤの7とダイヤのジャック(逆位置)が出ています。「目標達成だけの行動」と「損得勘定が先行する」とキーワードがあります。おそらくは仕事優先、ノルマ厳守の厳しいお仕事だったのではないでしょうか。

 

次に「現在」を見ると、ダイヤの10(逆位置)とダイヤの6です。「じっと我慢することの大切さ」と「何事にも早急な判断」がキーワードです。現在の仕事から逃れたいという思いに対して、「我慢が足りないのではないか?」「早急な決断は避けるべきではないか?」という悩んでいる現状をよく表しています。

 

最後に「未来」ですが、ダイヤのクイーンとスペードの8(逆位置)です。キーワードは「天性の才能」と「我が道を行く」とあります。営業という仕事に自分の能力や適性を見出しているのか、それとも、他の何かを追い求めるべきか、そこがポイントとなるでしょう。

 

ヒントは「サプライズ」にあります。カードはハートの5とスペードの2(逆位置)。「派手」と「再スタート」がキーワードとなっています。おそらく、もともと人と出会うことに対しての楽しみや才能があり、競合相手とは熾烈な競争に燃える、非常に優秀な営業マンといえます。スペードの2はライバルと激しくぶつかることを表し、ハートの5は人の注目を集めることでさらなる力を発揮するカードだからです。

 

また、合計8枚のカードのうち、経済的な意味を表すダイヤが5枚も出ているのが印象的です。仕事をバリバリとこなすことでの自己実現を確信しているのではないでしょうか。

 

今回の悩みは自分の心構えや能力・適性というよりかは、この不況の中で環境を変えることの漠然とした不安感によって生まれたものといえます。

 

自分の力と実績を信じて、新たな道を切り開かれてもよいのではないでしょうか。

 

 

ケース2

 

彼との結婚を機に、仕事を辞めて、相手のご両親と同居を始めました。

 

お姑さんも私に対してとてもよくしてくれているのですが、どこか他人行儀で、私一人家族の中で浮いてしまっている気がします。

 

今の環境に不満は全くないのですが、私はこれからどのように接していけばよいのでしょうか?

 

 

少子高齢化や核家族化という変化はあるにせよ、家庭の問題はいつの時代においても普遍的なものなのかもしれません。

 

この事例では既に結婚をして家庭に入っている女性からのにれから(家族に対して)どのように接していけばよいか?」ということですから、変則的ではありますが、まずは「現在」と「未来」を先に読んでみたいと思います。

 

「現在」にはダイヤのキングとハートの9。キーワードは「社会的成功」と「願いが叶う」ですから、人生の伴侶と巡り会えたことに喜びと幸せを感じているのだと思います。それはハートの9が「ウイッシュカード」という最高の幸運をもたらしてくれるカードからも見て取れます。

 

それでは、この幸せな家庭は将来的にどうなるかというと、「未来」のクラブの2(逆位置)とクラブのキングが暗示しています。つまり、「ささいなケンカ」と「何事にも寛容」です。この場合、クラブのキングはカードの意味そのままに、同居している義理のお父さんを指すと思われます。おそらくは、自分が浮いているかもしれないという不安から旦那さんに愚痴をこぼしてしまうのではないでしょうか。しかし、あなたの不安や不満を助けてくれるのが、クラブのキングである義父さんなのかもしれません。

 

「サプライズ」にはクラブの5とハートの6です。「外に出る」と「過去を懐かしむ」ですから、ひょっとすると、前の職場またはパートタイマーなど、何らかの形で外に出て慟く、ということになるのかもしれません。それを誰よりも応援してくれるのが義父さんです。

 

「過去」を見てみると、スペードのエースとスペードの10(逆位置)です。あなたの過去とは、結婚する前のことですから、男顔負けのキャリアウーマンとしてバリバリ慟いていた姿が想像できます。スペードの10(逆位置)の「ツイでない」状況を万能カードのスペードのエースが補っていたのです。

 

結論としては、あなたの「浮いているかもしれない」というのは、まさに「気のせい」といえます。あなたは「結婚したのだから家庭に入るべきだ」という固定観念にとらわれ、自分に負荷をかけていたのではないでしょうか。でも、大丈夫。家族はみな、あなたと縁ができたことを心から喜んでいるはずです。仕事と家庭の両立は大変かもしれません旗あなたが仕事に復帰することを希望しているのなら、自分の気持ちを素直に出して、話し合ってみるとよいでしょう。

 

 

 

占いのポイント

 

このスプレッドでは合計8枚のカードをめくることになります。

 

過去を20%、現在を30%、未来とサプライズを50%くらいの配分でとらえるとわかりやすいかもしれません。

 

未来とサプライズで半分を占めていますが、この二つだけを読めばオッケーというわけではありません。過去も現在も大切です。

 

未来は現在と過去の積み重ねで生まれ出るものですから、もし、未来やサプライズに逆位置が多く出た場合は、その原因となった過去と現在に注目すべきです。

 

また、質問内容によっては絵札やスートのバラツキにも目を配るのもポイントです。恋愛ならばハート、仕事はダイヤという具合です。

 

 

恋愛で迷った時はここ

人気、実力ともにナンバー1の電話占い